Loading logo「この男、詐欺師か天才かー」

Trailer
予告映像

Introduction
イントロダクション

この男、詐欺師か天才かー
ジョン・ザッカリー・デロリアン。マッスルカーを代表する名車ポンティアックGTOを生み出した天才エンジニア。
映画ファンにとっては、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のタイムマシンのベースになった伝説の車“デロリアン(DMC-12)”に、自らの名前を冠した男として記憶されているだろう。
193cmの長身で、仕事と美女を愛し、派手なセレブ暮らしを送ったジョン・デロリアン。しかし彼の理想と夢を注ぎ込んだDMC-12が生産されたのはわずか3年半で、自ら立ち上げた自動車メーカーも倒産してしまった。そして会社の凋落を決定づけたのは、なんと社長のジョン・デロリアンが麻薬取引で逮捕されるという一大スキャンダルだった!
自動車業界の革命児の華やかな半生と、複雑怪奇な逮捕事件の知られざる舞台裏の映画化に挑んだのは、『穴』や『アダム -神の使い 悪魔の子-』で知られるイギリスの俊英ニック・ハム監督。「事実は小説より奇なり」を地で行く、実業家、ペテン師、FBI、麻薬ディーラーらが入り乱れる狂騒劇をブラックコメディ仕立てで描き出した。
果たしてジョン・デロリアンは偉人か詐欺師か?成功者か落伍者か?本物の天才か、それともフェイクの俗物だったのか?アメリカンドリームの光と影を体現した男の驚愕のミステリーがいま明かされる!

Story
あらすじ

1977年、南カリフォルニア。パイロットのジムは、麻薬密売の現場をFBIに押さえられ、罪を問われない代わりにFBIの情報提供者となる。彼は引っ越した家の隣に住むのがゼネラルモーターズでポンテアック・GTOの開発に携わったジョン・デロリアンだと知り驚く。美しい妻子とともに素晴らしい家に住み、夢のために自らの会社を立ち上げ、革新的な車“デロリアン”を開発しているジョンの完璧な人生に憧れるジム。
しかしジョンの会社は新車開発で様々なトラブルが発生し、彼は資金繰りに窮していることを知ったジムは、友人となったジョンをFBIに麻薬密売の罪で売り渡す計画を立てるのだった・・・。

Cast & Staff
キャスト&スタッフ

Casts' Profile
キャストプロフィール
LEE PACE
リー・ペイス
(ジョン・デロリアン)
1979年3月25日アメリカ・オクラホマ州生まれ。 映画、舞台、テレビ番組などで活躍するリー・ペイス。ABCのテレビドラマ『プッシング・デイジー ~恋するパイメーカー~』(07~09)にネッド役で出演した際には、2008年のゴールデングローブ賞、エミー賞でコメディ部門の主演男優賞にノミネートされた。最近では、TVドラマ「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」シリーズ(14,15)で主人公のジョー・マクミランを演じている。2006年の映画『落下の王国』には、ロイ・ウォーカー/黒山賊の役で出演。『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2』(12)ではギャレット、「ホビット」シリーズ(12~14)ではスランドゥイル、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(14)ではテロリストのロナンとして出演している。オフ・ブロードウェイの演劇にも多数出演しており、主な作品には「CREDEAUX CANVAS」、「THE FOURTH SISTER」、「AND SMALL TRAGEDY」などがある。さらに、2011年にはゴールデン劇場で上演された「ノーマル・ハート」にブルース・ナイルズ役で出演し、ブロードウェイデビューを果たした。2012年には、マンハッタン・シアター・クラブにて、テレンス・マクナリー脚本の「GOLDEN AGE」に作曲家のヴィンチェンツォ・ベッリーニ役で出演した。
JASON SUDEIKIS
ジェイソン・サダイキス
(ジム・ホフマン)
1975年9月18日アメリカ・ヴァージニア州生まれ。 ジェイソンは、サタデー・ナイト・ライブの脚本スタッフとして番組に携わっていたが、いくつものオーディションを経験し、2年後には番組に出演するようになり、2013年の夏メンバーを卒業した。番組出演中から映画にも参加しすぐに有名キャストとの共演を実現。『ベガスの恋に勝つルール』(08)では、キャメロン・ディアス、アシュトン・カッチャーと、『遠距離恋愛 彼女の決断』(10)ではドリュー・バリモア、ジャスティン・ロングと、『モンスター上司』(11)、『モンスター上司2』(14)でカート役を演じ、ジェイソン・ペイトマン、ジェニファー・アニストンらと共演した。『なんちゃって家族』(13)でもジェニファーと共演し世界興行収入2億7千万ドルを記録した。『栄光のランナー/1936ベルリン』(16)、ゲイリー・マーシャル監督『マザーズ・デイ』(16)ではジュリア・ロバーツ、ケイト・ハドソン、ジェニファー・アニストンらと共演した。また、アニメ作品にも果敢に挑戦し『アングリーバード』(16)では、主人公レッドの声優を務めた。その後、アレクサンダー・ペイン監督『ダウンサイズ』(17)では、マット・デイモンとも共演した。また、2011年には、MTVムービー・アワードの司会を務め、2014年3月、第86回アカデミー賞®では、ケイト・ハドソンとともに短編映画賞と短編ドキュメンタリー映画賞のプレゼンターも担当した。
JUDY GREER
ジュディ・グリア
(エレン・ホフマン)
1975年7月20日アメリカ・ミシガン州生まれ。 ジュディ・グリアは、見る者を惹きつける演技で、評論家からも観客からも評価されてきた。同世代の役者のなかでも、数多くの作品に出演しており、現在までに映画やテレビドラマで125以上の役を演じている。2015年には『トゥモローランド』『ジュラシック・ワールド』『アントマン』といった大作に立て続けに出演。2017年のトロント国際映画祭でプレミア上映された『リアム16歳、はじめての学校』(17)、クリント・イーストウッド監督『15時17分、パリ行き』(18)、『ハロウィン』(18)などドラマ、コメディ、ホラーといったジャンル問わない幅広い役者として活躍している。
CORY STOLL
コリー・ストール
(ベネディクト・ティーサ)
1976年3月14日アメリカ・ニューヨーク州生まれ。 存在感があり多才なコリー・ストールは、評論家からも人気が高い。ゴールデングローブ賞にもノミネートされたNetflixドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」(16)のピーター・ルッソで知名度を上げた。また、ウディ・アレン監督『ミッドナイト・イン・パリ』(11)(アカデミー賞®脚本賞受賞)でアーネスト・ヘミングウェイを演じたことでも有名だ。その他にも、『ボーン・レガシー』(12)、『フライト・ゲーム』(14)、『アントマン』(15)、『ブラック・スキャンダル』(15)、2作目のウディ・アレン作品となる『カフェ・ソサイエティ』(16)などに出演。最近では、デイミアン・チャゼル監督『ファースト・マン』(18)にバズ・オルドリン役で参加している。
ISABEL ARRAIZA
イザベル・アレイザ
(クリスティーナ・デロリアン)
イザベル・アレイザはジュリアード音楽院を卒業したばかりの新人女優だが、在学中から多くの舞台で活躍。2015年の夏、ザ・パブリック・シアターで上演された「ユリウス・シーザー」をはじめ、「不似合いな結婚」、「THE SERPENT WOMAN」、「夏の夜の夢」、「恋の骨折り損」、「AS FIVE YEARS HAVE PAST」、「テンペスト」、「A LIE OF THE MIND」、「THINNER THANWATER」などの演劇作品に出演している。
MICHAEL CUDLITZ
マイケル・カドリッツ
(モーガン・へトリック)
1964年12月29日アメリカ・ニューヨーク州生まれ。 大人気シリーズ「ウォーキング・デッド」のエイブラハム役で人気を博す。「ウォーキング・デッド」以前には、TNTの刑事ドラマ「サウスランド」に出演し放送映画批評家協会賞の助演男優賞を受賞した。これまで、20以上の作品に出演しており、主な映画では『リバー・ランズ・スルー・イット』(92)、『交渉人』(98)などがある。テレビドラマでは「LOST」、「プリズン・ブレイク」、「シックス・フィート・アンダー」、「NIP/TUCK マイアミ整形外科医」、「24 TWENTY FOUR」、エミー賞を受賞したHBOのミニシリーズ「バンド・オブ・ブラザース」などの人気作品に数多く出演している。
ERIN MORIARTY
エリン・モリアーティ
(ケイティ・コナーズ)
1994年6月24日アメリカ・ニューヨーク州生まれ。 最も期待されるハリウッド若手女優のひとり。サンダンス映画祭で絶賛された『キングス・オブ・サマー』(13)に出演し、HBOのドラマ「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」にウディ・ハレルソンの反抗期の娘役として出演した際に注目を集めた。Netflixとマーベル・スタジオの大ヒットドラマ「Marvel ジェシカ・ジョーンズ」にも出演している。最近の映画では『ブラッド・ファーザー』(16)やカンヌ国際映画祭やサンダンス映画祭で高い評価を得た『はじまりへの旅』(16)、『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』(18)などに出演している。
Director's Profile
監督プロフィール
ニック・ハム(監督)
NICK HAMM
英国アカデミー賞を受賞した経験があり、これまでに映画、テレビ、演劇など幅広い作品の監督や製作を行なってきた。  ハムは、シェイクスピアや現代劇を中心に上演するロイヤル・シェイクスピア・カンパニーで寮の責任者として働いていた。その後、映画業界で仕事をするようになる。チェーホフの戯曲を脚色した短編『THE HARMFULNESS OF TOBACCO』(91)(エドワード・フォックス出演)で英国アカデミー賞を受賞した。その後、モニカ・ポッター、ジョセフ・ファインズ出演『マーサ・ミーツ・ボーイズ』(98)、ゾーラ・バーチ、キーラ・ナイトレイらが出演するカルト的人気を博した『穴』(01)、ロバート・デニーロ出演『アダム -神の使い 悪魔の子-』(04)などを監督。2016年には、ティモシー・スポール主演『THE JOURNEY』(未)が第73回ヴェネツィア国際映画祭とトロント国際映画祭でオフィシャル・セレクションに選ばれた。

Production Note
プロダクションノート

ジョン・デロリアンで
最も興味深い時期を描いた
脚本
製作のピアース・テンペスト、脚本のコリン・ベイトマン、監督のニック・ハムは、すでに『THE JOURNEY(原題)』(16)でチームを組んでおり、『『THE JOURNEY』と同じアプローチで、すなわち、ある人物の人生の一部、一定の期間だけに焦点を合わせて、ジョン・デロリアンの伝記映画を作ろうと考えた。その際に注目したのが、70年代の終わりから80年代にかけてジョン・デロリアンの隣人だったジム・ホフマンだった。デロリアンがコカイン取引で逮捕されるきっかけを作った人物だ。
「この映画で取り上げたのは、ジョン・デロリアンの人生でも最も興味深い時期だと思う」とテンペストは指摘する。「誰かの一生を描いた伝記映画は、満足のいかない作品になることが多い。僕たちは、その人の人生の特別な部分をしっかりと描きたい。そうすることで、当時起きたことや、人物像がしっかりとリアルに伝わるんだ」
デロリアンの複雑な
人物像に惹き付けられた
リー・ペイス
ジョン・デロリアンを演じたリー・ペイスは、劇中で描かれる時期のデロリアンの年齢よりもかなり若かったが、製作陣はペイスが持つ天性のカリスマ性に注目した。「リーはものまねではなく、自分なりにデロリアンになりきる方法を見つけた。始めてリーが衣装を身につけて撮影現場に入ってきた時は、そこにいた全員がゾワっとした。あの瞬間は忘れられないよ」とハムは、ペイスに賛辞を送る。
ペイスはデロリアンについてリサーチを行い、複雑な人物像に惹き付けられたという。「デロリアンについてみんながよく知っているのは、彼がマスコミを前にたくさんの発言をしていたから。彼は公の場を楽しんでいたようだが、本当はどんな人間だったのか、実はみんなあまり知らない。資料を見たり読んだりしてもジョン・デロリアンという人物のことはわからない。だからこそ演じるのが面白いと思ったんだ」もうひとりの主人公ジム・ホフマンを演じたのはジェイソン・サダイキス。「ジェイソンはジムという人物をどう演じていいのか直感的に理解していた」とハムは言う。「あるテイクで陽気に演じたと思ったら、別のテイクではエモーショナルに演じてみせる。でも、どのテイクにも役柄の人間性がにじみ出ている。彼は喜劇には悲しみが潜んでいることをよくわかっていて、演技にそれが反映されているんだ」
ハリケーンで
多大な被害を受けた
撮影現場
撮影は主にプエルトリコで行われた。1980年代に建てられた邸宅が多く残る地区がロケ地に選ばれた。プエルトリコにはオーナーたちによって完璧に整備された30台以上のデロリアン(DMC-12)があり、車の調達には何の問題もなかった。スタッフは現地で古いポンティアックGTOも見つけ出し、劇中のジムの愛車として使われた。
プエルトリコは本作の撮影に理想的な場所だったが、撮影中に大きな災厄に見舞われた。2017年最大の熱帯低気圧と言われたハリケーン・マリアが、プエルトリコと隣のドミニカを直撃したのだ。プエルトリコの主要道路は封鎖され、電力も水道もストップ。壊滅的な被害がもたらされ、現地スタッフの中には家を失った者もいた。混乱が続く中、スタッフとキャストは一週間後に撮影を再開した。敢えて製作を続行することで現地経済に貢献し、復興を後押しするためでもあった。現地スタッフの家族には、撮影隊が調達したガソリンや食料を提供してお返しをした。
俳優たちもそれぞれのやり方で復興に協力し、プロデューサー陣などと共に、「プエルトリコ・フィルム・フレンズ・リリーフ・ファンド」が立ち上げ、30万ドル以上を集め一部は小児科病院にも寄付された。

About Delorean
ジョン・デロリアンとは

稀代の自動車エンジニア
ジョン・デロリアンとは。
1925年1月6日、ジョン・ザッカリー・デロリアンはミシガン州デトロイトに生まれた。その家庭は決して裕福ではなく、フォードで働いていた彼の父親はアルコール依存の問題を抱え、母親もゼネラル・エレクトリックで働いて家計を支えたと言われている。彼の青春時代はまさに第二次世界大戦と重なっており、彼自身も3年間の兵役を務め、20歳の時に終戦を迎えている。
自動車産業か、自動車関連産業か。この街にそれ以外の選択肢はない。
戦後、デロリアンが自らの進路を決断する際に心に浮かんだのは両親から聞かされたそんな言葉だった。そうしてエンジニアの道を志した彼は除隊後にクライスラーが主宰するエンジニア養成学校で学び、アメリカが高度経済成長期にあった1950年代にクライスラー、パッカード、そしてゼネラルモーターズのポンテアック・ディビジョンと渡り歩きその頭角を現していった。
ゼネラルモーターズ時代の彼の功績として最もよく知られるのは、本作にも登場するポンテアックGTOを生み出したことだろう。スポーツカーの基本は軽量なボディに強力なエンジンを搭載することであり、これは昔も現在も変わらない。そしてデロリアンが生み出したGTOも、インターミディエイト(中型)クラスとなるポンテアック・テンペストの比較的軽量なボディに、フルサイズ用とされていた強力な大排気量V8エンジンを搭載したものだった。とは言え、基本的には既存のモデルに既存のエンジンを載せたモデルであり、彼以前にそれが実現していてもおかしくはない話である。なぜそれが実現されなかったのか?
実は当時のゼネラルモーターズの内規において、車重によって搭載するエンジン排気量の上限が決められていたのだ。この排気量上限はもちろん安全性を考慮して定められたものだったが、デロリアンのGTOはその上限を超える掟破りのモデルだったのである。おそらく彼にとって最も困難だったのは、GTOを実際に販売まで漕ぎ着けることだったと思われるが、彼はGTOをポンテアック・テンペストという既存モデルのオプション・パッケージとすることで社内の監視の目を潜り抜けて商品化を実現。そして蓋を開けてみればこれが大ヒットとなり、初年度の63年型は搭載エンジンである389cu.in.V8(cu.in.=cubic inches=立方インチ。389cu.in.は約6374cc)の供給限界となる3万2000台を売り切り、翌64年型は約6万台、そして65年型は約8万4000台と右肩上がりで売り上げを伸ばしていったのである。
63年にはロニー&デイトナズが『GTO』という曲をリリースしてビルボードトップ40で最高4位になっているが、これもデロリアンがプロモーションの一環として承認したものだった。実は60年代序盤までポンテアック・ブランドはユーザー層の高齢化に頭を悩ませており、ブランドイメージの若返りが長らく課題となっていたのだが、そうしたデロリアンの旧来にないプロモーション戦略や商品コンセプトは若者たちに高く評価され、多くの若年層ユーザーをポンテアックに導くことになった。
歴史を振り返ると、1960年代のアメリカ車ではエンジンパワー競争が熾烈を極め、GTO以降もさらに強力なエンジンを搭載したパフォーマンスモデルが続々と登場した。シボレー・カマロ(その兄弟車であるポンテアック・ファイアーバードはデロリアンが開発を指揮)やダッジ・チャレンジャー、そしてフォード・マスタングなど現在のラインナップにもその名を残しているモデルが誕生したのもこの60年代である。後の時代になって、それらを総称してマッスルカーと呼ぶようになったが、デロリアンのGTOはそうしたマッスルカーのルーツとして語られることも多く、その名前はアメリカ国民にも広く、そして深く浸透し、現在も数多くの映画作品に起用されるなど高い人気を得ている。
このポンテアックGTOで商品企画やプロモーションなどマーケティング能力の高さを見せつけたデロリアンは、65年に史上最年少(40歳)でポンテアック・ディビジョンのトップであるゼネラル・マネージャーに抜擢される。そして彼が率いるポンテアックは他ディビジョンを尻目に破竹の勢いで売り上げを伸ばし続けた。これにより彼の評価はますます高まり、69年にはやはり最年少でゼネラルモーターズの屋台骨ともいえる主力ブランド、シボレーのゼネラルマネージャーに就任。ここでも販売不振に喘いでいたシボレーを見事に立て直し、その後もゼネラルモーターズの取締役、副社長と史上最年少で昇進を重ねていった。この当時の彼は誰の目にも未来のゼネラルモーターズの社長に映っただろう。しかし、出世と同時にクルマづくりの現場から離れていくことに彼は欲求不満を募らせていく。そして73年、当時の金額で65万ドルと言われる年収を捨ててゼネラルモーターズを退社。自らの名を冠した理想のクルマを作るという野心を実現するために、新たな道を歩み始めた。そして同じ頃、本作の物語もスタートしたのである。
守屋明彦
アメリカ車の専門誌、月刊A-cars編集部副編集長。
1993年の創刊から現在まで、26年に渡ってヒストリック・モデルを専門に担当する。

Theater
劇場情報

前売券情報
東京
エリア 劇場名 TEL 前売り 公開日
東京 新宿武蔵野館 03-3354-5670 12/7
北海道
エリア 劇場名 TEL 前売り 公開日
札幌 シアターキノ 011-231-9355 1/25
東北
エリア 劇場名 TEL 前売り 公開日
青森 青森松竹アムゼ 017-731-1177 12/27
関東
エリア 劇場名 TEL 前売り 公開日
長野 長野千石劇場 026-226-7665 近日
静岡 静岡東宝会館 054-252-3887 1/24
中部
エリア 劇場名 TEL 前売り 公開日
愛知 センチュリーシネマ 052-264-8580 1/18
三重 進富座 0596-28-2875 近日
関西
エリア 劇場名 TEL 前売り 公開日
大阪 シネ・リーブル梅田 06-6440-5930 12/20
兵庫 元町映画館 078-366-2636 近日
京都 京都シネマ 075-353-4723 1/11
中国・四国
エリア 劇場名 TEL 前売り 公開日
岡山 シネマ・クレール 086-231-0019 近日
九州・沖縄
エリア 劇場名 TEL 前売り 公開日
福岡 KBCシネマ 092-751-4268 近日
沖縄 桜坂劇場 098-860-9555 1/11