スプラッシュマウンテンは怖い?センターオブジアース&ジュラシックパークと比較!怖くなくなる克服方法をご紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。

ディズニーランドで3大マウンテンと呼ばれる中で、最も有名なスプラッシュマウンテン。

滝と共に飛び出し、見るからにススリングなアトラクションです。

実際どの程度怖いのか?絶許系が苦手な私が体験を元に怖くなくなる方法や、他の絶叫系アトラクションとの怖さの比較をご紹介します!

目次

スプラッシュマウンテンは怖い?何回落ちる?

出典:【公式】東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト | 東京ディズニーリゾート (tokyodisneyresort.jp)

スプラッシュマウンテンは具体的に部分が何が怖いのか?

ストーリーと共に解説していきます!

なお、スプラッシュマウンテンは『南部の唄』という映画がモデルになっています^^

スプラッシュマウンテンのストーリー

たくさんの動物が住むクリッタカントリー。

そこに、楽しいことが大好きなうさぎどんが住んでいました。

ある日、うさぎどんは笑いの国を求めて旅に出ようとします。

道中、うさぎどんを捕まえようと狙っている、きつねどんとくまどんの2人に様々な罠を仕掛けられますが、うさぎどんは罠をすり抜け、2人をかわして行きます。

調子良く旅を続けるうさぎどんでしたが、隙をつかれてしまいついにきつねどんの手にかかります。

「あのイバラの茂みにだけは投げ込まないでくれ…!」そしてイバラの茂みに投げ込まれ、うさぎどんの運命は…!?

このストーリーに連動して、スプラッシュマウンテンの中で落ちる回数は4回あります。

え!?4回もあるの!?でも大丈夫。ストーリーと落ちるシーンを把握しておけば、大丈夫!

落ちるポイント①丸太のボートに乗ってすぐ

ボートに乗り込み、お話に入る直前で1回目の落下があります。

小さい落下なので、浮遊感はほぼ感じません◎

小さいお子様や超絶怖がりの人なら、この時点で恐怖を感じてしまうかも(;´・ω・)

落ちるポイント②くまどんがハチに襲われている

ここでの落下の怖さは、個人的にはカリブの海賊で序盤落下するぐらいレベルだと思っています。

前の人に悲鳴が聞こえ始めるのもこのあたり。

絶叫系が苦手な私は、いつもここで怖さを感じます;

落ちるポイント③ハチの巣

ハチがブンブンと飛び交う巣に突入する場面へ、落ちた勢いで、ライドが走り抜けていく感覚です。

この落下は最初の落下と同じレベルくらいです!

この時点で落下を経験しているので、そこまで怖く感じません◎

落ちるポイント④最大の落下

最後が、あの滝ツボから飛び出す最大の落下ポイントです。

しかも、この場面の最大の恐怖ポイントは、滝ツボに向かってジワジワと上がっていくこと!

じわじわと、恐怖心を煽ります…!!

真横では、うさぎどんがきつねどんに捕まり、超危険なシーンに…!!

うさぎどん危ない…!でも私たちも危ない…!!

外の光が近づくにつれて、ドキドキと緊張感が増します。

スプラッシュマウンテンは怖い?ほかの乗り物と比較!

東京ディズニーランドの中では、1番怖いといわれているスプラッシュマウンテン。

でも、他の乗り物と比べるとどうなの?

ということで、ディズニーシーのセンターオブジアース&USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)のジュラシックパークと比較してみたいと思います!

どのアトラクションもライド型・高所から落ちるという設定が共通しています。

比較しやすいように表にしてみました!

アトラクション落ちる
回数
水濡れ度落ちる
高さ
浮遊感落ちる
スピード
総合的
怖さ
スプラッシュマウンテン(ディズニーランド)4☆☆16m☆☆時速62㎞3
センターオブジアース(ディズニーシー)1なし20m時速75㎞2
ジュラシックパーク(ユニバーサルスタジオジャパン)1☆☆☆26m☆☆☆時速80㎞1

こうしてみると、落ちる回数は多いものの、落ちる高さやスピードは1番低いんです!意外ですよね?

スプラッシュマウンテンは、落ちる回数は多いけど小刻みに落ちるイメージ。

センターオブジアースやジュラシックパークは、落ちる回数は少ないけど最後に一気にドーン!と落ちるイメージ。といったところでしょうか。

この中ですと、ジュラシックパークがダントツに高くてスピードも速い。

筆者自身、ユニバーサルスタジオの年間パスポートを持っていた過去もあります。

ジュラシックパークも何度も乗ったので、怖さは熟知しています…涙

その経験からしても、スプラッシュマウンテンはジュラシックパークよりも怖さはまだ低いと思います◎

スプラッシュマウンテンが怖くなくなる!?克服方法

出典:【公式】東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト | 東京ディズニーリゾート (tokyodisneyresort.jp)

どうすれば怖くなくなるのか、お馴染みの方法と共にご紹介!

克服方法①目を瞑る・下を向く

絶叫系アトラクションの克服方法としてお馴染みなのが、目を瞑る。そして下を向くという方法です!

ベタな手法だけあって、スプラッシュマウンテンでも有効です。

スプラッシュマウンテンの特徴として、山の外に出たり入ったりするコースが多いです。(特に序盤)

それにより、目が暗いところや明るいところで慣れないまま落下することが、怖さを増長せているのでは?と個人的に感じているので、目を慣れさせる意味でも、時々目をつぶるのはおすすめです!

克服方法②声を出す

落下回数が多いのがスプラッシュマウンテン。

落ちるたびにいっそ声を出して、怖さを紛らわせましょう!

キャー!という声よりも、お腹からワー!と声を出す方が気持ちよく出せますよ。

また、声を出すことに関連して歌うことも◎

スプラッシュマウンテンといえば、Zip-A-Dee-Doo-Dahが有名ですが

他にもHow Do You DoやEverybody Has A Laughing Placeの曲が使用されています。

どれもカントリー調の音楽で楽しく、思わず口ずさんでしまうものばかり♪

スプラッシュマウンテンの歌は大好き!

落下は、怖いな〜と感じつつ頑張って歌っています笑

怖さを克服するために、歌ってみましょう!楽しさで怖さが軽減されるかも!?

\スプラッシュマウンテンの音楽はコレで聞けますよー♪/
メインアーティスト:東京ディズニーランド
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

克服方法③足を突っ張る

最後におすすめなのが、足を突っ張って、身体全体で踏ん張ること!

足は床に密着させてピーンと突っ張り、背中も座席の背もたれにしっかり密着させることで、浮遊感が軽減されます◎

スプラッシュマウンテン 怖いまとめ

  • ストーリーと連動して、落ちる回数は4回。
  • センターオブジアース、ジュラシックパークと比べると怖さレベルは低い。
  • 克服方法は目を瞑ったり下を向く。声を出すことも克服するポイント。

いかがでしょうか?スプラッシュマウンテンというだけあって、最後の落下ではほぼ濡れてしまうのですが、自然と「濡れちゃったね〜!」と笑いが生まれるのが、また不思議^^

うさぎどんと冒険を楽しんでくださいね☆きつねどんには捕まらないように!

ありがとうございました!

目次